「ムーミンバレーパーク」、アニメ「ヤマノススメ」の舞台である飯能市の自然を守ろうとしています。
メガソーラー設置予定地は「ムーミンの作者、トーベ・ヤンソン」との交流から生まれた市営公園がある里山、17haです。
(東京ドーム約4個分)飯能市が月10万円で事業者に貸出し、メガソーラーが建設される予定です。
私たちはこの自然豊かな土地を、子どもたちに残したいのです。
どうかお力をお貸しください。
ネット署名はこちら! http://chng.it/n9QHbNjP

阿須山中の開発事業の問題が、漫画になりました!【情報更新】

f:id:azuhanno:20200404234107j:plain

 

飯能市加治丘陵 阿須山中の自然が破壊されそうです。 されつつあります

面積は広葉樹を含む17ha。東京ドーム3,6個分です。

youtu.be

 6分動画はこちら 

https://youtu.be/M8tzc923Om8

 



建設を予定しているのはサッカー場が0.9haですがメガソーラは11.0ha。多くの市民がこの計画を知りません。
2017年飯能市事業者を募集しました。選考メンバーも公表せず、議会にはからずある事業者を決定しました。 ※阿須山中の土地をどうするか?という事は長年議会に諮られてはいましたが、阿須山中土地有効活用事業についてはほぼ諮られず決定されました。


この土地は飯能市が森林保全の為に20億円で買い戻した市民のもの
2019年12月10日 飯能市はたった年間120万円でその事業者と賃貸契約を結びました。
地方創生のためのサッカー場というけれど、上下水道もなく、観客席もなし。 大雨時は調整池。廃校などの適地の方が絶好の場所のはずです。

多くの野生生物が生育する森林の破壊は生態系も壊します
台風19号のさいも、唐沢川は土手の浸食跡もほとんどなく、丘陵の保水力は十分でした
しかし、木を伐れば、不安定斜面なので地すべりを起こしやすい土地。市民を災害の危険にさらします。
また、メガソーラーや天然芝は大量の除草剤をまきます。
 唐沢川はすぐそこ。環境を汚染します。
森林文化都市を掲げる飯能市が大掛かりな森林破壊を推進しているのです。
一度破壊されたら、とり返しがつきません。

どうかみなさん、助けて下さい。

 

 

 

掲載していただきました【一般労働組合機関紙新年号 埼玉土建】

阿須山中メガソーラー問題について、
埼玉土建さんの一般労働組合機関紙新年号1月1日・10日に掲載していただきました
 
題して、
"豊かな自然壊され
メガソーラーは利権まみれ"
取材当日は取材班の方たちと一緒に朝から開発現場へ。
飯能市政が進める森林破壊の再生可能エネルギー建設現場をぐるっと一周、限られた時間の中でしたが事業のそもそものことの始まりからのお話しをご一緒に歩きつつ、聞いていただきました。
この問題の事業から今の政治のあり方についてまで、透けて見えてくる大事なことをビシッとまとめてくださって、さすが記者の皆さま、大変有り難く、心より感謝します
お時間ある時にぜひお読みくださると嬉しいです

f:id:azuhanno:20220124154252j:plain

お詫びと訂正:右下の雨の降った唐沢川の写真は、加治丘陵の自然を考える会・飯能のチラシにも掲載させていただいてます、白田真希さん撮影のものです。ご了承ください。

12月24日(金)阿須山中散策会

クリスマスイブの12月24日 阿須山中散策会を実施します。
日時 12月24日 金曜日

集合時間:8時40分 
集合場所:飯能駅南口、トイレ前ベンチ付近 
8時50分発→西武バス・東青梅駅行き 乗車
✅参加費200円(資料・保険代含む)です。
✅歩きやすい服装、靴
✅雨具
✅バス代(片道180円)
✅飲み物ご持参ください
正味3時間コースです。
☔少雨決行・荒天の場合は中止とします。
資料の用意があるので12月23日(木)お昼12:00までに、
メールにてお申込み下さい。
申込&問合せ先
メール✉:azu.hanno@gmail.com
主催:加治丘陵の自然を考える会・飯能
 



阿須山中現地散策会 11月7日

!!緊急企画!!

f:id:azuhanno:20211104091948j:plain

今度の11月7日(日)阿須山中現地ツアー開催します🍂
ちょうど行きたいと思ってた~\( 'ω')/
という方ぜひともご一緒いたしましょう✨
集合時間:10時00分 
集合場所:飯能駅南口下車、トイレ前ベンチ付近 
10時10分発→西武バス・東青梅駅行き 乗車
✅参加費200円(資料・保険代含む)です。
✅歩きやすい服装、靴
✅雨具
✅バス代(片道180円)
✅軽食、飲み物
正味3時間コースです。
☔少雨決行・荒天の場合は中止とします。
資料の用意があるので11月6日(土)お昼12:00までに、
事前にメールにてお申込みいただけると幸いです。
申込&問合せ先
メール✉:azu.hanno@gmail.com
主催:加治丘陵の自然を考える会・飯能
 

「市民の森を壊すメガソーラーはやめてください!」当会チラシVol.7

当会のチラシVol.7ができました。

お知り合いの方に配布いただける方は当会までご連絡下さい。

よろしくお願いいたします。

連絡先 azu.hanno★gmail.com(★は@に変更してください)まで

f:id:azuhanno:20210914001955j:plain

f:id:azuhanno:20210914002006j:plain

 

当会が考える「阿須山中土地有効活用事業」についての動画が飯能日高テレビで放映されます。

当会が考える「阿須山中土地有効活用事業」についての動画が飯能日高テレビで放映されます。
放映日は
8月28日(土) 18時15分から
8月29日(日) 18時15分から
8月30日(月)~9月3日(金)まで 12時45分から
 
 
 
です。
是非ご覧ください。
 

「豊かな自然を守り抜く」 飯能市内の中学生の作文

飯能市内の中学生が、昨年の夏休みに阿須山中についての作文を書きました。

御本人は「阿須山中の問題を知ってもらいたい」という願いがあり、この作文を書いたそうです。

本来であれば、市民会館で発表する機会が与えられ、飯能テレビで放映された作文でありますが、コロナ禍の為、かないませんでした。

 

当ブログに掲載するかどうか、かなり悩んでいましたが、「阿須山中の問題を広めたい」というご本人の意思を尊重し、掲載させていただきます。

 

保護者様から当会に御提供されました下書きとなります。
実際に飯能市に提出された作文とは多少異なる部分もございます(「実際にあった誤字脱字とかは修正しましたっ」←お母様談)が、そのまま掲載させていただきます。


「豊かな自然を守り抜く」 

飯能駅の近くに「天然記念物の住む町、ハンパない飯能」という大きな看板があります。天然記念物とは「ニホンカモシカ」の事です。

 住宅街を歩いたり、美杉台の学校の校庭に現れたりします。このニホンカモシカはなぜ、住宅街に出てきてしまったのでしょうか。

トーベヤンソンあけぼの森公園や駿河台大学が在る加治丘陵にニホンカモシカが生育しています。美杉台と加治丘陵は隣接しているので住宅地に出てきてしまったのでしょう。本来山の中に住む動物を住宅街で見られることはいい事とは思えません。

加治丘陵の阿須山中という土地が今、危機的状況にあります。阿須山中には、絶滅危惧種に指定されているコクランやヤマルリソウ、エビネ、マキノスミレ等といった貴重な植物が生育しています。また、広葉樹が多いので秋には美しい紅葉を見る事ができます。

この美しい山を取り崩して、東京ドーム約三・七個分のメガソーラーとサッカー場にする計画があるそうです。広範囲の計画なのでニホンカモシカが生活できる場所が少なくなり、食料や生活空間を求めてますます、住宅街に出るようになってしまいます。これは、ニホンカモシカにとっても人間にとってもいい事ではありません。

 私は、母と一緒に阿須山中へ行ったことがあります。何気なく、散歩の予定で行ったのに、たまたま母の知り合いが来ていて、なぜか、コクラン調査に巻き込まれてしまいました。とても急な崖を這いつくばりながら探しました。崖を上り下りするのは慣れていないのでとても怖かったですが数十株のコクランを見つける事が出来ました。とても急な崖だったので、こんな所にソーラーパネルサッカー場を造るのには多大な労力とお金を使うと思います。

森は壊すのは簡単ですが、元に戻すのは何十年、もしくは何百年かかります。そんな大切な森を私たちが守り抜かなければなりません。近くには川の源流がありとても美しい自然が残されていました。登山道は整備されており、なだらかでとても歩きやすかったです。森の中の空気もおいしかったです。そのまま、絶滅危惧種がある豊かな自然を残した方がいいと思いました。駅からのアクセスもいいので、たくさんの人々に来てもらえる場所じゃないかなと思いました。母の知り合いは、この前、阿須山中に行ってニホンカモシカに出会ったそうです。そんな、たくさんの貴重な生物がいる飯能市民の宝の山を壊していいのでしょうか。

また、この阿須山中の土地は事業者に貸し出すだけなので三十年後には、飯能市民に返されます。太陽光パネルの寿命は三十年間くらいなので、三十年後には、ゴミとなったパネルと自然がなくなった土地が返されることになるのでしょうか。そしてその処理費用は大人になった私たちが負担するのでしょうか。

飯能市は、「自然保護」と「青少年の健全育成を秤にかけることはできない」としていますが、そうでしょうか。別の場所にサッカー練習場を造ればいいだけだと思います。太陽光発電施設を造り、売電収益を建設費用や選手育成費用に充てるという事ですが、ソーラーパネルによる環境破壊も心配だし、太陽光発電事業は利益を出すのが難しい方向に向かっているそうです。年間百二十万円でこの土地を貸すそうですが、この土地の豊かさはお金では変えられない物だと思います。

本当の飯能市の豊かさは何なのか考え直してほしいです。私は大きい看板に書いてある通りニホンカモシカが住むハンパない飯能に住み続けたいです。

 

 

 

注 三十年は二十年の誤りです。

 

 

 

 

 

 

【緊急】阿須山中(あずやまなか)散策会  5月4日 みどりの日 

f:id:azuhanno:20210502063948j:plain

阿須山中(あずやまなか)散策会のご案内です🍃
2021年5月4日(火・みどりの日)10時00分~13時30分
集合時間:午前10時00分
集合場所:飯能駅南口 

現地までバスで向かいます。
片道200円ほどかかります、各自ご用意ください。
(行き10時15分発、帰り13時台のバス利用)
所要時間: 3時間30分
定員:20名

**********************************************************
工事が始まり、凄まじい勢いで破壊をされている阿須山中の散策会を致します。
10時15分出発の飯能駅南口発のバスで現地に向かいます。

ご参加ご希望の方は、

ご参加者様全員のお名前 ご連絡お電話番号を添えて、
メール:azu.hanno@gmail.comまでお申し込み下さい。
折り返し、詳細をご連絡いたします。



【参加費】200円(保険代、資料代)

※軽食、飲み物は各自ご持参ください。
※現地にトイレがありません。出発前に駅等で済ませてください。

**********************************************************


patagonia さん のサイトにご掲載頂きました。

以前より、当会の活動を支えて下っている、パタゴニアさんのサイトに、

当会代表によるコラムを掲載して頂きました。

 

この森を捨てる人間、この森を守ってきた動植物 - クリーネストライン
https://tcl-jp.patagonia.com/2021/01/save-our-azuyamanaka/

是非お読み下さい。

市の答弁と、報告書の内容に抗議します。 

当会は、2021年12月議会にて大津議員の「コクラン移植」についての質問に対する、青田産業環境部長の答弁が、当会の名誉を著しく毀損する内容でしたので、飯能市に対し抗議致しました。

その際に、答弁の根拠となった、報告書の開示を求めました。

azuhanno.hatenablog.com

 

飯能市HPにて、コクラン移植の報告書、職員への聞き取り結果、生育地の様子のイメージ図等が公開されています。
https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/5020/

青田産業環境部長の「会メンバーがコクランを踏みつけた」との答弁は職員が目撃した事実もないにも関わらず「踏みつけた」とした報告書を元にしたことが判明しました。

また、聞き取り結果に於いては「生息エリアは、ピンク色のテープで囲われていた。」ともされていますが、市HPの写真で確認できるように生育エリア内はテープで囲まれていませんでした。

 

当会メンバーによる、当日の様子です。

証言A

コクラン移植当日(11月20日)の様子について記します。   

会のメンバーは、集団の後方について、阿須山中の尾根を進んだ。
最初は、先頭が一つ手前の尾根に入ってしまった。
コクラン自生地の尾根に入り直した。
見渡せる範囲のかつての雑木のほとんどは伐採され、谷の景色はすっかり変わっていた。
コクランが 自生している斜面は、かなり急で落ち葉が積もるところである。
尾根から斜面を下りると、途中にコクランが点在しているところに出る。
個体にピンクのマークがあり、近くにある株をまとめてピンクのテープで囲ってあった。
地面に這わせるように何ヶ所か囲ってあった。
時間がたっている様子で、テープはよれよれしたり、たるんでいたりした。
全ての株を囲っているテープはなかった。
参加者のほとんどが到着し、どこで作業を見守るかそれぞれが位置を決めた。
どこで見るようにとか別に指示もされないし、各人がそれぞれ株を踏まないよう注意を
して落ち着いた。
会のメンバー2名が、株を掘り起こす近くで見守っていた。
そこは、テープの囲いの中ではなかった。
そこにいることについて注意を受けたこともない。
作業をする人以外は、誰もピンクの囲いの中には入っていなかった。
株を踏んだ、踏まないの会話は1回あったように思うが、トラブルにはなっていなかった。
私は、作業地点の上方5メートルほどの所から見下ろしていた。
作業は長時間であり、急斜面で体を安定させなければならないため、各人がそれぞれがしゃがんだり、
近くの木につかまって立ったりして、皆がずっと静かに見守っていた。
マークの付いた株の掘り起こしが終わり、周囲に点在していたノーマークの株を残さないように
掘り起こす作業になった。
コクランの株は、当初の確認数より大分多くあったのだ。
私は、足元の枯葉に隠れていた小さな株を指摘し、掘ってもらった。
最初近くで見ていた2名も、その場の作業が終了したので少し上方へ移動する時に、やはり足元に
見つけたノーマークの株の存在を作業する人に知らせていた。
作業が終了し、そこにいた全員が尾根上に戻った。

用事があったため、私はここで集団から離れた。


証言B

コクランは点々と自生していて、目印に株の回りをピンクのテープで囲ってありました。
自生地全体を囲むテープはありませんでした。

自生地は、急な斜面で全員が足元を見て慎重に行動していました。
静止を振り切ってテープ内に入るような騒ぎはありませんでしたし、入った人はいませんでした。

コクランを踏みつけた人も見ていません。

コクランを囲むピンクのテープの外に座り、指導者の指示によりテープ内で掘り起こし作業をしている作業員を見ていました。
テープで囲われているもの以外にもコクランはありました。

テープで囲われたコクランの掘り起こしが終わった後、作業員の方に新しく見つけたコクランが「ここにもあります」と伝え少し上の方に移動しました。
その後、移植先に向かう時、作業員の方たちを見失いはぐれてしまいました。
あと少しで移植が終わる頃、追いつきコクランの移植作業を見届けました。

従いまして、公開の内容が事実に反し、当会の名誉を著しく毀損しているため、速やかに、内容の撤回と公開の停止を飯能市へ強く求めました。

f:id:azuhanno:20210113015907j:plain

 

12月22日文化新聞

f:id:azuhanno:20201223091923j:plain

12月22日文化新聞
本日12/22(火)文化新聞
加治丘陵の自然を考える会・飯能が、市長へあてた抗議文提出の記事が掲載されてます。
改めて、飯能市議会が市民団体の名誉を棄損する内容がなぞるように掲載されています。
議会での青田産業環境部長の虚偽答弁を改めて読み直すと、義憤に耐えられません。
改めてこの虚偽答弁に抗議し、
市職員が書いたという、報告書の開示を速やかに強く求めます。